FC2ブログ
今日、道端でカモガヤ見つけました
kamogaya.jpg

カモガヤは世界に普及している牧草で、イネ科カモガヤ属の多年草。英名のオーチャードグラスでも流通します。

かつて英国の農民が刈り取った牧草をサイロに収納する際、鼻からのどにかけて焼け付くような痛みと痒みが生じ、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりと涙の止まらなくなることがありました。当時この症状をhay fever(枯草熱)と呼び、後にこれはイネ科植物の花粉に起因することがわかり「花粉症」と呼ぶようになりました。
こうした英国における花粉症は、ことにカモガヤによるアレルギーでした。

イネ科植物の中で花粉症の原因となるものは、カモガヤ、オオアワガエリ、ハルガヤなどがあります。それらの花粉飛散距離は数キロ以内であるため、その植生が花粉症の発生に大きく反映します。また、主なイネ科植物の花粉飛散時期である6-7月は、梅雨のない北海道では花粉が飛散しやすく、花粉症が多く見られると言われています。
スポンサーサイト